ホルター心電図

ホルター心電図

ホルター心電図は24時間の心電図を記録し、不整脈や狭心症の診断に使用します。

検査の目的

短時間の心電図では異常が見つからない、しかしわずかな不整脈や狭心症などが疑われる場合には、24時間1日の生活を通して心臓の動きを記録しておく、ホルター型心電図を用います。1日の記録を計測するため、電極は就寝時にも付けておき、入浴は厳禁となります。

ホルター型心電図 検査結果の見方

胸部にやや小型の電極、腰に記録装置を取り付け、その上から衣服を着ます。24時間の記録をとった後、当医院でデータを解析して波形に異常がないか診断します。
波形の特徴からわかる疾患には、P波から次のP波までの間隔が狭い、あるいは広ければ不整脈、ST波のところで下降がみられれば狭心症といったことがわかります。

ホルター型心電図で見つけられる病名

不整脈、狭心症など