内科診療について

内科一般

 _IMG_1534

日常の疾患及び慢性疾患など全般です。

普段の生活のなかで「ちょっと変だな?」など身体に不調がある場合は、お気軽にご相談ください。
早期発見・早期治療が大切です。

風邪、発熱、頭痛、腹痛、倦怠感、易疲労感、体重減少、各種健康診断、各種血液検査、インフルエンザ、花粉症、など

体調不良や慢性疲労、ストレスによる体の不調に関するご相談も行なっています。どこの診療科に受診するかお悩みの方もお気軽にご来院下さい。

対象症状

  • 高血圧、糖尿病、メタボリック症候群、高脂血症等の生活習慣病
  • 咳、喉の痛み、発熱、鼻水、痰、関節痛、等の風邪症候群、インフルエンザ、気管支炎
  • 腹痛、吐き気、下痢、嘔吐等の感染性胃腸炎や胃炎、胃潰瘍
  • めまい、頭痛等の頭部症状
  • 胸部痛、動悸、息切れ等、主に心疾患
  • 疲労、倦怠感、等の慢性疲労疾患症状
  • 不整脈、下肢の浮腫、慢性心不全
  • 高尿酸血症
  • 認知症(アルツハイマー病、ピック病、レビー小体型認知症)
  • アレルギー性鼻炎、気管支喘息
  • 冷え性等に対する漢方薬治療
  • 脂肪肝等、内臓脂肪に関係する疾患

超音波検査

超音波検査
腹部エコー

脂肪肝・胆石・胆のうポリープ・腎のうほうや
それぞれの臓器の腫瘍が分かります。

心臓エコー

心臓の壁厚のみならず心筋や弁などの動きが観察できます。
当院では、主に高血圧症の診療の補助に使用しております。

 

胃透視検査(バリウム検査)

 
koyama01

胃透視は造影剤のバリウムを使用します。
胃透視をすることで、胃癌、胃潰瘍、十二脂腸潰瘍、胃のポリープ等の病変が分かります。
早期胃癌をみつけることも可能です。

 

※胃透視をご希望の方は、ご予約をお願いいたします。

 

ホルター心電図

ホルター心電図は24時間の心電図を記録し、不整脈や狭心症の診断に使用します。

検査の目的

短時間の心電図では異常が見つからない、しかしわずかな不整脈や狭心症などが疑われる場合には、24時間1日の生活を通して心臓の動きを記録しておく、ホルター型心電図を用います。1日の記録を計測するため、電極は就寝時にも付けておき、入浴は厳禁となります。

ホルター型心電図 検査結果の見方

胸部にやや小型の電極、腰に記録装置を取り付け、その上から衣服を着ます。24時間の記録をとった後、当医院でデータを解析して波形に異常がないか診断します。
波形の特徴からわかる疾患には、P波から次のP波までの間隔が狭い、あるいは広ければ不整脈、ST波のところで下降がみられれば狭心症といったことがわかります。

ホルター型心電図で見つけられる病名

不整脈、狭心症など